NISAのつみたてがおすすめ

損する人がやってしまう事

投資信託で得をする人もいますが、損をする人も一定数存在します。
投資信託で損をしている人がやってしまう間違いを調べてみました。
リスクを最大限避けたいため、様々な箇所に投資をしてしまったり、利益が少しでも出ると投資信託を使ってしまったり、一時的に損をしている時に、積立金を減らしてしまったり、価格変動が激しい信託ばかりに投資してしまったり、一度まとめて売ろうとしてしまう場合が多いです。
上記のような間違いを犯さず、投資信託に投資をすれば、より良い運用ができるかもしれません。
試してみると、新たな発見があり、損のない運用が行えるかもしれません。
利益が少しでも出た場合は、深追いしない方が良い場合もあります。

つみたてNISAがおすすめ

なぜ学資保険ではなく、国がおすすめしているNISAの投資信託が良いかというと、学資保険は、満期になっても収めた金額の20パーセントしか増えませんが、NISAの投資信託は、一人あたり、月33333円支払い、18年間で200万以上増やすことが可能です。
夫婦で投資信託を行った場合は、もちろん金額が2倍になります。
学資保険よりも明らかに金額が増える事が分かってもらえたかと思います。
18年を超えて積立をすると増える金額が徐々に減っていきます。
理由としてお子さんが社会人になっているからというのがあるのかもしれません。
あれ?利益が出たなら税金で持っていかれるんじゃない?と思われがちですが、国が推奨している投資信託なので税金は引かれず、満額貰う事ができます。


この記事をシェアする